スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

2017初撃ち

年初の記事はやっぱり初撃ちかなと思ったら、思いのほか時間がたってしまった。。。

2017_Hatsuuchi_UT3

2017_Hatsuuchi_UT99

やっぱり、UTはやってて楽しいです。
可能であれば、RYZEN+VEGAでUT4に手を出したいところ。
(なお、初IYHは今更のSE-300PCIEでした
スポンサーサイト
2017-02-14 : UT3 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

WARに魂を持ってかれた人々

つかの間の休息を得たので、久々にWAR鯖へ。
久々に白熱の試合を楽しめた。

ut3war_160508_avl.jpg

瀕死?のUT3界ではあるが、WAR鯖は今でも"いつものメンバー"で盛り上がっているようだ。
まだ自分がUT3を全力でプレイしていた時のプレイヤーもいるところを見ると、
彼らはまさしくWARに魂を持っていかれた人たちなんだろう。。。
彼らのためにも、UT4へのWAR移植が待たれる。

なお、皆ゲーマーだけあって、Pascalの話題でチャットがアツイ!
あれは確かに、ここ最近のPCパーツ業界では最も衝撃的だったかもしれない。。。
こうなると俄然Polarisへの期待も高まります :)
2016-05-08 : UT3 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

UT3JPC M9 CTF-WARFARE

約1年ぶりとなるUT3JPCが無事終了した
・大会概要→UT3JPC掲示板
・配信動画→ZP32視点GUNTi-iER視点


まずは、大会運営および参加者のみなさま、お疲れ様でした。

結果的にはAチームの全勝という形になったが、その中身は非常に緊迫した試合だった。
詳細は、上記の配信動画を見てもらえればと思う。

さて、なぜかSSを取り忘れてしまったので、いろいろ感想でも。
(HHead氏のブログでSSが見れます


○個人的な感想

今回、ZPは守備@CTFおよびVC要員として行動した。
(VCで喋れるのがZP一人だったことは悲しい限りだが……

結果として、CTFでは旗がとられた際にいち早く旗持ちの位置を知らせることができ、また敵の侵入を伝えることができた。
とはいえ、敵も手練れなため、マップによっては両チームが旗を持って硬直状態に陥ることもあった。
このとき、旗持ちを探すために自陣を出てしまうことがあり、その際に侵入を許すことがあったため、あまり深追いするのも考え物かもしれないと感じた。

一方のWARでは、かなりの苦戦を強いられた。
WARにおいては攻守のバランスが重要なカギになるが、ZP自身も含め、どうしても攻撃一辺倒になってしまったり、防戦一方になってしまったりすることがあったように思う。
これは、事実上司令塔となっていたZPの、VC技術およびミニマップに表示される情報の解析能力欠如によるところもあり、まだまだ修練が足りないと感じた次第。

ところで、今回一番の反省点は、テンションが上がりきって冷静さを失うとともに、メンバーの得意不得意をきちんと把握せず、結果的にかなり無理な要求をしてしまったことだと思っている。
特にWARでは、かなりどぎついことを言ってしまっていたような……
(以前どこかで、“WARでは各々得意なところが生かせるんです!”的な発言をしていた身としては、複雑な気分


○全体に関する意見みたいなもの

何はともあれ無事に終わったので、運営自体にそこまで問題はなかったと思う。
ただやはり、VCの普及率および、事前準備の徹底不足は感じた。
というのも、マップパックが用意されているにもかかわらず、当日マップDLをする人がいたのだ。
Aチーム側は、独自にマップパック導入とマップの下見を“半ば強要”していたわけだが、結果的にそれがプレイの精度を高め、ゲームを面白くしたと信じている。


さて、いい加減動画作らないとな……
素材は今も募集中です :D
2013-07-14 : UT3 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

本年もよろしくお願いいたします

いまさら過ぎるだろ……
という突っ込みはなしでお願いします :P

さて、今年は蛇年ということもあり、さっそくRazer Destructor 2をIYHした。
初めての(ゲーミング ?)マウスパッド―AirPad Pro Ⅲ―以来のハードパッドだが、今のところ使いやすくて満足している。
ソールが目に見えて削れていくのが恐ろしいが、ソールの自作ができるようになったので大した問題にはならないだろう。

次に、新年一発目の記事ということで、個人的にUT3史に残ると思っている名試合を紹介。山場を見たい人は20分あたりからどうぞ。
ちなみにZPも参戦していました :)




※以下ネタバレ注意

Official Epic Warfare鯖での1戦で、マップはご存じAvalanche。
第2ラウンドでオーバータイムにもつれ込み、自動的にコアヘルスが減少していく中、
残り1ヘルスというところで全ノードを占拠して逆転勝ち、という内容だ。

WARでは、オーバータイムになるとコアヘルスが自動的に減少していくが、ノード取得数によって減少度合いが変わるというシステムがある。
そのため、より多くのノードを取得するほど減少度合いが少なくなり、全ノードを取得するとコアヘルスの減少が止まる。
今回はコアヘルスが0になるぎりぎり手前で全ノードを取得したことにより、逆転が可能となった。

とはいえ、WARの修羅たちが多数集っている状況でこれを実現するのは難しく、今回は本当にGGだった。
通常状態で残り1ヘルスから逆転する試合はあるが、オーバータイム状態で成し遂げた試合はなかなかないと思う。

和鯖ではあまり選ばれないWARだが、こういった動画を見てWARに興味を持ってもらえたらな、と思う。
この動画のうp主であるDickBird氏はWARの修羅のひとりであり、ほかにも多数WAR動画をあげているので、ぜひとも見てもらいたい。

ちなみに、ZEL鯖にはHOLPにも採用された白兵戦専用WARマップであるWAR-Fluxが導入されているので、ぜひプレイしてみてください :D
作者はCr4zy氏で、多くのUT3erがお世話になっているであろうDM-CipeDM-FazeDM-Saturation等を生み出している。
シンプルなノード構成と適度に入り組んだマップ構造のせいか競技性が高く、WAR=乗り物祭りと思っている人にこそプレイしてほしい名マップ。



ちなみに、普段乗り物に頼っているZPがプレイすると化けの皮がはがれます :D
(え、そもそも化けてすらいないだろって ?
2013-01-17 : UT3 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

久々のUT3JPC

昨日は久々のUT3JPCだった。
参加者の皆さん、お疲れ様でした!

毎度のごとく、いろいろドタバタしてたけれど、ふたを開けてみれば良ゲームが多かったので満足。
これを機にまたUT3が息を吹き返してくれればと思う。

…そういえば、AD797ANZというオペアンプを買ってしまったのだが、これはこれで悪くないな。
2012-08-26 : UT3 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

ZP32

Author:ZP32
万年noobなUTプレイヤー
最近カメラにはまっている模様
Negitakuプロフィール

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。