スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Razerマウスパッドの新作

Ouroborosの発売を待っていたら、こんな記事を読まされる羽目になったという…

というのはおいといて、Razerから新作マウスパッドが一気に発表されていたのに気付いた。
きっかけはこの記事なのだが、すでに各製品ごとに専用ページが用意されている様子。

今回発表された新製品
Razer Invicta
Razer Destructor 2
Razer Manticor
・Razer Megasoma 2


それぞれの製品についてざっと見てみる。

○Razer Invicta
Razer Vespulaなどと同類。
パッドの表裏がそれぞれSPEED SurfaceCONTROL Surfaceになっている2面パッド。
また、それぞれの面には反射率を向上させるコーティングがなされているとのこと。
しかし、この2面パッドを置く"台座部分"のつくりがRazer Vespulaとは大きく異なっている。
加工跡が美しいこの台座は、Razerいわく航空機グレードのアルミのようで、まさかのジュラルミン疑惑…!?
Razer Vespulaと違い、パッドは台座の中にすっぽり収まり、ずれないようになっている。
台座に開けられた穴は、パッド本体の取り外しをスムーズにするための物らしく、これによっていちいち台座を裏返さずとも中のパッド本体を取り出せるというわけだ。

○Razer Manticor
ZALMAN AMP1000もびっくりなアルミ板パッド。
先代は白色のRazer Ironcladということになるか。
これまた航空機グレードのアルミということで、ジュラルミン1枚板なのではと期待してしまう。
表面はざらざらしている様子で、さらにマイクロテクスチャ加工によってトラッキング性能が向上しているという。
個人的には耐久性に期待しているのだが、同時にマウスソールの消耗も気になるところ…
そしてなにより、冬場は冷たそうな気がしてならない

○Razer Destructor 2
Razer Destructorの新型
先代と違ってフォルムが四角形になった。
マイクロテクスチャ加工によって程よい抵抗を生み出し、操作性と即応性のバランスは最高とのこと。
また、表面に銀粉(?)がちりばめられており、トラッキング性能もいいそうだ。

○Razer Megasoma 2
正直出るとは思っていなかった
個人的に今回発表された中で一番の注目株
なんと黒色にイメチェンし、悪名高い"光るロゴ"も写真からは確認できない。
構造も変わっていると思われ、パッドの縁は"ほつれ防止加工"が施されているという。
(シリコン単体ではほつれるということはないはずなので、ひょっとすると多層だったりすんだろうか)
Razerいわく、先代に寄せられた意見をもとに抜本的な見直しを行ったとのことで、ひょっとすると"別物"に化けているかもしれない。

ざっと見てきたが、布派というかソフト派な俺は、やはりRazer Megasoma 2が気になる。
全体的に価格設定が安めというのもいい。

ただ、本音を言えばGoliathus模様無Verが欲しいのですよ…

ところで、最近Razerは製品プロジェクトの詳細を公開してくれたりしていて、非常に興味深い。
Ouroborosのプロジェクトが2009年に始まってたとか知らなかったよ。
(おまけ:Razer Taipan & Ouroborosのデザインの生みの親)
スポンサーサイト
2012-10-23 : PC関連 : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop
鯖機ダウン «  ホーム  » ZP in 四国
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ【Razerマウスパッドの】
Ouroborosの発売を待っていたら、こんな記事を読まされる羽目になったという…というのはおいといて、Raze
2012-10-24 12:47 : まっとめBLOG速報
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ZP32

Author:ZP32
万年noobなUTプレイヤー
最近カメラにはまっている模様
Negitakuプロフィール

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。