スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

UT3JPC M9 CTF-WARFARE

約1年ぶりとなるUT3JPCが無事終了した
・大会概要→UT3JPC掲示板
・配信動画→ZP32視点GUNTi-iER視点


まずは、大会運営および参加者のみなさま、お疲れ様でした。

結果的にはAチームの全勝という形になったが、その中身は非常に緊迫した試合だった。
詳細は、上記の配信動画を見てもらえればと思う。

さて、なぜかSSを取り忘れてしまったので、いろいろ感想でも。
(HHead氏のブログでSSが見れます


○個人的な感想

今回、ZPは守備@CTFおよびVC要員として行動した。
(VCで喋れるのがZP一人だったことは悲しい限りだが……

結果として、CTFでは旗がとられた際にいち早く旗持ちの位置を知らせることができ、また敵の侵入を伝えることができた。
とはいえ、敵も手練れなため、マップによっては両チームが旗を持って硬直状態に陥ることもあった。
このとき、旗持ちを探すために自陣を出てしまうことがあり、その際に侵入を許すことがあったため、あまり深追いするのも考え物かもしれないと感じた。

一方のWARでは、かなりの苦戦を強いられた。
WARにおいては攻守のバランスが重要なカギになるが、ZP自身も含め、どうしても攻撃一辺倒になってしまったり、防戦一方になってしまったりすることがあったように思う。
これは、事実上司令塔となっていたZPの、VC技術およびミニマップに表示される情報の解析能力欠如によるところもあり、まだまだ修練が足りないと感じた次第。

ところで、今回一番の反省点は、テンションが上がりきって冷静さを失うとともに、メンバーの得意不得意をきちんと把握せず、結果的にかなり無理な要求をしてしまったことだと思っている。
特にWARでは、かなりどぎついことを言ってしまっていたような……
(以前どこかで、“WARでは各々得意なところが生かせるんです!”的な発言をしていた身としては、複雑な気分


○全体に関する意見みたいなもの

何はともあれ無事に終わったので、運営自体にそこまで問題はなかったと思う。
ただやはり、VCの普及率および、事前準備の徹底不足は感じた。
というのも、マップパックが用意されているにもかかわらず、当日マップDLをする人がいたのだ。
Aチーム側は、独自にマップパック導入とマップの下見を“半ば強要”していたわけだが、結果的にそれがプレイの精度を高め、ゲームを面白くしたと信じている。


さて、いい加減動画作らないとな……
素材は今も募集中です :D
スポンサーサイト
2013-07-14 : UT3 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ZP32

Author:ZP32
万年noobなUTプレイヤー
最近カメラにはまっている模様
Negitakuプロフィール

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。